自宅で簡単にできる視力回復法【楽々!視力アップマニュアル】は効果ある?

視力低下で不自由な思いはしていませんか?

テレビでも紹介された話題の視力回復法を公開しています。

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き 公式サイトはこちら

 

「近視は治らない」は嘘!?

視力が低下してしまったら、メガネやコンタクトレンズで矯正しなくてはならない

のが現状ですが、それは眼科医では近視は治せないからです。

視力測定とメガネ処方は、眼科診療の対象になっているため、

視力を測定しメガネを作ってはくれますが、

視力回復は対象外のため、いくら指導しても診療報酬としての収入はありません。

「遺伝だから仕方ない」

「視力はもう戻らない」

と視力回復をあきらめてしまっていませんか?

あなたがもし、

「裸眼で生活したい!」

と思っているのならば、楽々!視力アップマニュアルをぜひ、試してみてください。

楽々!視力アップマニュアルの実践結果はこちら

 

そもそも近視って?

 

仮性近視

一時的に遠くが見えにくくなる状態。

子供の視力が低下し始めた場合、仮性近視である可能性が高いです。

真性近視

仮性近視が進行し、近視が固定してしまった状態。

毛様体筋の緊張が固定化してしまい、水晶体が膨らんだまま

元に戻らなくなってしまいます。

一般的には、仮性近視はその人に適した最適なトレーニングを行えば回復するといわれ、

真性近視は、完全に回復することできないといわれています。

でも、たとえ真性近視であったとしても、メガネが要らないレベルまで回復させることは、

難しいことではありません。

そして、10年間で 4,317名もの方の視力回復へと導いてきた実績があるのが、

楽々!視力アップマニュアルです。

この数字は、文部科学省の「学校保健統計調査報告書」による

各学年で、視力が1.0をきっている割合です。

重度の近視( 視力が0.1以下 )まで悪化すると、

失明のリスクをもった恐ろしい眼の病気

「網膜剥離」

「緑内障」

になる可能性が高く、

緑内障になる可能性は、普通の人の2倍にもなってしまいます。

でも、心配しないでください!

1日10分間のトレーニングで、

90日以内にメガネやコンタクトレンズの必要な生活から解放された方が、

全国のアイトレーニング視快研も含めると、3万人以上もいるのです。

視力が低下した原因、環境、目の状態に合わせて、

トレーニング法や対処法を行わなければ、思うような効果を得られないのは当然です。

ネットの情報や有名なトレーニング法・人気の視力回復法も、

もしかしたら、あなたやあなたのお子さんの目の状態に合わせた方法ではないかもしれません。

「いろいろな視力回復法を試してみたけどダメだった」

そんなあなたにおすすめなのが、

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付きです。

楽々!視力アップマニュアルの評判・効果はこちら

 

視力回復センターのトレーニングが自宅でできる!?

視力回復センター通うには、高い費用や交通費、

それにセンター通うまでの時間もかかってしまいますが、

楽々!視力アップマニュアルなら、近くに視力回復センターがなくても、

自宅で視力回復センターと変わらないトレーニングを行えるようになります。

有名なプロスポーツ選手も取り入れていて、テレビでも紹介された

改善率90%以上の視力回復トレーニングをすべて公開しています。

視力低下の原因の1つとして、

眼疾患・先天的な目の障害ではない限りは、

モノを凝視し続けることが原因になっています。

凝視し続けるということは、目を動かす眼球運動をすることも、

まばたきの回数も減ってしまうため、筋肉が収縮して固くなって、

目の筋肉が衰えてしまい機能も低下してしまいます。

人間の目は、遠くのモノや近くのモノを見るとき、

ピントを自動的に調節して、被写体をクッキリ鮮明に見えるよう働いているのです。

そして、ピントを調節しているのが目の筋肉。

目の筋肉が凝ったり疲れたり、衰えたりすると、ピントを合わせる調節力が低下して、

被写体がぼやけたり、かすんで見えるようになり、視力も低下していってしまいます。

でも、目だけではありません。

目から入った情報を脳が認識・理解して、初めて人はモノを見ることができるのです。

だから、視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、

脳の働きの両方を鍛えることが必要になってきます。

この2つを同時に、効率よく 鍛えられるのが、ナンバータッチのトレーニングで、

1分という限られた時間の中で数字を探し、1番から順番に 50番までタッチしていく、

スポーツ・ビジョン・トレーニングです。

眼球移動筋を鍛えるには 効果的な方法であり、

眼の動きのコントロール能力を高め、効率よく眼を動かす力を向上させます。

有名なプロ野球選手も取り入れているほど効果の高い方法です。

動画でわかりやすく解説しています

 

さらに、日本卓球史上初となる銀メダルを獲得したプロの卓球選手も取り入れ、

「 エチカの鏡 」や 「 お茶の水ハカセ 」などのTV番組でも取り上げられたほど、

有名なトレーニンググッズが、ブロックストリングです。

1本のひもに 3色のビーズが 規定の距離で固定されており、

3色のビーズを 1つ1つ、それぞれ両目で 見つめていくことで、

両目のバランスを整える、つまり両眼視機能を高めます。

このような方法をはじめ、

センターで行っていた19種類のトレーニングツールを1日10分間

早い方で数日~1か月、遅い方でも90日以内に0.8以上回復されています。

あなたもこれで、視力が悪い不自由な毎日から解放されませんか?

自宅で簡単にできるトレーニングを実践して、

10年間で 4,317人の方が視力アップを体感している実績のある視力回復法です。

詳しい内容はこちらでご確認ください

 

90日以内に視力を回復させた理由は?

楽々!視力アップ マニュアル では、近視を始めとする視力低下に、

もっとも効果の高い5つのトレーニング法を基本にしています。

視力をアップさせる5つのトレーニング

1、眼のストレッチトレーニング

私たちの眼は適切な距離とタイミングで遠近を交互に見ることで、

屈折=ストレッチさせることができます。

このストレッチを行うことでピンと調節が上手くできるようになり、

視力アップしていきます。

2、眼のコントロール力アップトレーニング

私たちの眼は実は6つの筋肉によってコントロールされています。

常に近くのものを見ることが多い現代の環境では、

眼、そして6つの筋肉を動かすことが少なくなっているので、

このトレーニングで筋肉を動かし、すばやい視点移動ができるようにしていきます。

3、眼のバランストレーニング

私たちの眼は、右眼からはいった像と左眼からはいった像を、

脳の中で一つに重ね合わせて融合することで立体的に空間をとらえたり、

距離感をとったりしています。

そのためには、左右の眼をバランスよく同時に使う必要がありますので、

このトレーニングで、正しい両眼バランスを獲得できます。

4、イメージ脳活性化トレーニング

一般的に視力は眼の機能と考えがちですが、

実は眼から入った光の情報を網膜にうつし、

視神経をとおって脳で映像化したものが視力なのです。

視力アップには、イメージ脳である右脳をトレーニングして活発化し、

脳への伝達を良くし、映像処理能力を高めることが大事なのです。

5、眼の視機能トレーニング

私たちや最近の子供たちは、パソコンや携帯ゲームなど平面的な狭い世界ばかりを

見ることが多くなっており、立体視力に乏しい状態の眼になっている可能性があります。

このトレーニングは、右脳力アップや眼球運動を同時にゲーム感覚で行うことが出来ます。

この5つの方法を 、アイ・トレーニングといいます。

視力とは、視覚機能の中の一部の機能であり、静止視力だけのことではありません。

両眼視

瞬間視

動体視力

周辺視野の拡大

などがあり、これらを統合的にトレーニングすることで、

視覚機能が高まり、それが視力にも影響して、

健康的で正しい見え方が出来るようになるのです。

アイ・トレーニングは、それらの視覚機能を効果的に鍛えることが出来るため、

90日以内に、メガネやコンタクトが必要のないレベルまで視力アップが可能になります。

もう、わずかわしいメガネやコンタクトの生活は終わりにしませんか?

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き ご購入はこちら

最新情報をチェックしよう!